独創性を重視した高付加価値製品を開発することで、事業の発展に邁進するとともに、生産性向上を徹底的に追及し、企業価値の向上に努めてまいります。


 

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、ここに、当社グループの第62期連結会計年度(2021年4月1日~2022年3月31日まで)の事業の概況をご報告いたします。 

当連結会計年度における業績は、売上高926億40百万円(前期比20.5%増)、営業利益97億32百万円(前期比34.8%増)、経常利益101億29百万円(前期比44.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益63億8百万円(前期比39.0%増)となりました。


2022年3月期の期末配当金につきましては、業績と今後の事業展開等を総合的に勘案し、1株当たり14円とさせていただくことといたしました。これにより、中間配当金12円を加えた年間配当金は26円となり、前期と比較して6円の増配となります。
 
株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご支援とご鞭撻を賜りますよう、心からお願い申しあげます。

                                         

                                                                     2022年6月
                                                                     
                                                                     
代表取締役社長
                                                                     社長執行役員
                                                         小野 義昭