基本的な考え方

当社は、株主をはじめ、さまざまなステークホルダーに期待され、信頼されるグローバルな企業として企業価値を高めていくことが経営の基本であることを認識しています。
当社では、この基本的な認識に基づき、経営の意思決定の迅速化、経営の透明性の確保及び内部統制機能の強化などにより、的確な意思決定を行い、実行することを通じて、コーポレート・ガバナンスの充実を図ります。


[基本方針]
(1)株主の権利・平等性の確保
   株主の権利を尊重し、少数株主や外国人株主などさまざまな株主の平等性の確保に配慮し、株主がその権利を適切に行使することができる環境の整備に努めます。

(2)株主以外のステークホルダーとの適切な協働
   会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の創出に向けて、株主以外のステークホルダーとの適切な協働に努めます。

(3)適切な情報開示と透明性の確保
   法令に基づく開示を適切に行うとともに、それ以外の情報提供にも主体的に取り組み、利用者にとってわかりやすく、情報として有用性の高いものとなるよう努めます。

(4)取締役会の責務
   株主に対する受託者責任等を踏まえ、取締役会の役割・責務の適切な遂行に努めます。

(5)株主との対話
   株主に対し、経営方針をわかりやすい形で説明し、理解を得る努力を行い、建設的な対話を行うように努めます。

体制図

●コーポレート・ガバナンス体制(2020年12月24日現在)
拡大
●コーポレート・ガバナンス体制(2020年12月24日現在)

 

 

コーポレートガバナンス報告書

信越ポリマーのコーポレートガバナンスについては、以下の東京証券取引所に提出している「コーポレートガバナンスに関する報告書」をご覧ください。