ここから本文になります。

情報開示基本方針

1 基本方針
当社は、株主・投資家の皆様への適時適切な会社情報の開示が、当社の理解を深め、適正に市場評価していただく事につながるとの認識にたち、金融商品取引法、東京証券取引所が定める「有価証券上場規程」および関係法令に基づき、適時、公平、公正な、分かりやすい情報開示に努めます。
2 情報開示の方法
有価証券上場規程に該当する情報は、東京証券取引所の適時開示情報伝達システム(TD-NET)に登録後、速やかに当社ホームページに掲載いたします。
また上記以外に当社の理解を深めていただく上で有用な情報は、当社ホームページに掲載いたします。
3 将来情報に関して
当ウェブサイトに記載されている情報の中には、業績予想など将来の見通しに関する事項が含まれている場合があります。これらは、公表時点で入手可能な情報による判断および仮定に基づくものであり、経済情勢、市場動向、為替変動等のリスクや不確定な要因を含んでいます。そのため、実際の業績などつきましては、これら見通しと異なる可能性があります。また、業績に影響を与えうる要素は、これらに限定されるものではありません。
4 沈黙期間
当社では 決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、各四半期の決算発表前約1ヶ月を沈黙期間としています。この期間中は、決算や業績見通しに関するご質問への回答やコメントを差し控えております。ただし、この期間中であっても有価証券上場規程の開示規則に該当する事実が発生した場合は適時開示を行います。
pagetop