ここから本文になります。

研究開発

研究開発は、基盤技術の深耕とコア技術の拡大と進化により、既存製品の競争力強化と次世代への新事業開発を推進しています。さらに、材料メーカーや大学など外部リソースとのアライアンスを積極的に進め、創造的な研究開発と開発のスピードアップを重視して取り組んでいます。

研究開発への取り組み

開発本部では、市場ニーズを取り込み、自社商品開発とコア技術のブラッシュアップを生産本部・営業本部と一体となって素早く対応し展開しています。創業以来、樹脂加工メーカーとしての豊富な経験・知見に裏打ちされた基盤技術をベースに、そこから培って得られたコア技術を多元的に展開しています。とりわけ、導電性素材をはじめとする機能性樹脂配合技術と精密・微細加工技術を用いた独創的な製品開発に取り組んでいます。設計から評価まで一貫した開発体制により、多様なニーズに対して高付加価値製品を提供しています。

研究開発の機能と体制

当社を取り巻く事業環境の変化に対応すべく、お客様との一体感を高め、当社の保有する技術・生産能力を最大限に発揮し、お客様から求められる価値をより早期に創出することを目的とします。

技術戦略の立案

・開発統括室 / 知的財産部
技術提携やM&Aなどを視野に中・長期的な技術戦略の立案や技術調査を行うとともに、知財戦略に基づき、産業財産権の出願・権利化など無形資産の増大を図ります。

新規テーマの発掘

・新事業開発室
「ニーズ」と「シーズ」を両輪とした研究開発や材料・加工技術の改良・開発により、コア技術の強化と、新事業・新製品の立ち上げを推進していきます。

新製品・新事業の研究開発

・開発第一部~第四部
お客様に密接し、市場変化に素早く対応する研究開発を推進します。

・事業化準備室
導電性ポリマー、高機能フィルム、電磁波シールドなどの新事業製品の機能向上、生産環境の整備を速やかに実行し、お客様満足度を高め、事業拡大を推進する中心的役割を担います。

新装置開発

・エンジニアリング部
シリコーン加工技術など当社コア技術の応用展開と要素技術の開発、営業部門との共同プロジェクト活動および開発テーマの推進・管理、また、国内外の生産事業所のエンジニアリング・生産活動支援や設備開発などのフォローを行います。

品質保証

・品質保証統括室
当社グループのグローバル品質保証の窓口部門であり、品質保証に関する基本方針や方策などを策定し、各地域・拠点に設置された品質保証の組織を統括、具体的な展開や方策を指揮しています。また、開発品に対しても、量産に移管する際には、速やかに量産体制に移れるよう、品質チェックができる体制を整えています。

知的財産への取り組み

当社では、特許や技術ノウハウなどの知的財産は、重要な経営資産であるという認識のもと、ビジネスモデルの異なる事業分野別にそれぞれ知的財産戦略を定め、新規市場と新規顧客の開拓支援を目的とした、「攻め」と「守り」の知的財産マネジメントの充実を推進しています。
「攻め」においては、営業本部・開発本部・生産本部の3本部の一体となった活動により、戦略的産業財産権の出願、権利化などを推進し、知的財産権による市場における優位性の確立、積極的活用を図っています。
「守り」においては、他社の知的財産権の尊重を基本に、国際的調査活動の拡充や知財のライフサイクル管理、知財契約への対応などを実施しています。さらに、知的財産活動のレベル向上のため、継続的に知財研修などの教育・啓蒙活動を実施しています。

  2017年3月 2018年3月
日本 特許 1,024 1,028
実用新案 6 6
意匠 91 78
商標 139 139
外国特許等 514 554
pagetop