当社のCSR推進活動の目的と推進体制

当社グループは、これまでのCSR活動をさらに向上させるため、2017年11月に【CSR推進委員会】を発足させました。

目的
明確なCSR活動方針全社的体制を再構築し、社会的責任を果たすための活動強化を図る

CSRの重要課題

CSR推進委員会は、当社グループが取り組むべき「CSRの重要課題」を以下の手続きで定めました。


1.重要課題の洗い出し

  1. ステークホルダーの再確認と整理
  2. ISO26000の中核主題を参照、重要課題を挙げる
  3. 当社グループにとっての重要度およびステークホルダーにとっての重要度を点数化

 

2.重要課題の整理
重要課題とその点数を元に、重要課題の散布図を作成。その結果、大半の重要課題が「非常に重要」に集中する結果となり、これら重要課題を整理し、CSRの重要課題案を作成しました。

 

3.重要課題の決定
CSR推進事務局は、これら重要課題案はどれも重要であり、順位を付けることは困難である。また、CSRは法令遵守と公正な企業活動が基本であり、その上で重要課題の解決に当たるという検討結果となりました。
この案をCSR推進委員会で決定し、経営委員会に報告。重要課題は下図の項目に決定しました。

 

4.CSRの重要課題
現在、各重要課題に対応し、以下の活動を推進しています。
特に、「4.CSR調達の推進、原料調達の多様化」及び「5.人間尊重、人材育成、多様性の推進」は小委員会を設置し、優先して活動しています。

 

全ての活動の礎:法令遵守、公正な企業活動を基本とし、以下の重要課題に取り組んでいます。