ここから本文になります。

第21回グリーン運動発表会

各拠点の事例を発表したメンバー

委員長の小野社長をはじめ役員などが出席し、研究開発センター大会議室でグリーン運動全社発表会が開催されました。冒頭、高山副委員長からは「グリーン運動は、昨年発足したCSR推進委員会の業務の一つであるが、グリーン運動自体は、20年以上活動が続いている当社の財産である。本日の発表内容や今後の課題を共有し、今後の事業活動につなげていきたい。」と挨拶がありました。
事務局(環境保安室 新井さん)からは、第5次中期目標最終結果、2018年からスタートした第6次中期目標中間報告と今後の課題の報告があり、国内5工場から計5テーマの活動発表・質疑応答が行われました。

小野委員長発言要旨

  • 大変きめ細やかな取り組みをしており、着実に成果をあげています。グリーン運動は20年以上活動しており、大きな成果を挙げるテーマを探すことは大変だと思いますが、知恵を使い、この取り組みを続けてください。知恵を使うことで一人ひとりの技術が上がり、工場力も向上します。
  • 昨今、企業のCSR活動は、投資家の企業評価におけるウェイトが高まってきています。このグリーン運動もCSR活動の一環であり、CSRが盛んになる前からこのような取組みをしてきたことは、自信を持ってよいと思います。
  • 今後、CSR活動が企業評価の大きな基準のひとつになっていくと考えられますので、グリーン運動はやりがいのある取組みだと思います。これからも知恵を出して、着実に成果を挙げていきましょう。
pagetop